感覚的で難しい脈診を明確に!

簡単・確実な経絡調整を実現!

IT技術を使い経絡を流れる微弱な電流(ナノアンペアー)をとらえて経絡の虚実を知る事が可能!

イオンパンピングで再現性のある経絡調整が出来る!

奇経と正経のコンビネーションによる太極調整法

   奇経と正経のコンビネーションによる太極調整法

 

経絡の虚実を判定しする方法  

☆経絡PC解析ソフト(winds mac Iphone Ipod Ipadに対応)

☆計測テスター(acutest)

☆経絡調整 IP(切り替え式イオンパンピング)

 

 

経絡測定とイオンパンピングの使用方法

経絡測定ソフトacutestの使用方法

測定装置とイオンパンピング及び 経絡測定ソフトで使用します

 

経絡の虚実を決定するのに、迷われたことがございませんか?

私も大いに迷いました。治療がうまく行くときもあれば効かない時も

ありました。毎日が不安定な施術でした。

 

ある時、経絡を電気の流れと考え、電気の流れを測定して虚実を判定できないかと考え経絡の上の微弱な電気(ナノアンペアー)をとらえる装置を開発しました。

 

今回はその装置を実際に体験していただき、装置の効果をご自分で確かめてもらいたいと思い、無料体験モニターの募集を企画しました。

共に経絡の不思議を解明してみませんか?

モニターご希望の先生は1ケ月 無料で体験していただけます。

デモ体験をご希望の方は ここをから申し込んでください

 

期間限定2月28日まで無料モニターを募集します

デモ体験の請求は
デモ体験の請求は

太極正経奇経調整法

NAS method 太極正経奇経調整法

 

1はじめに

2太極正経奇経調整法

3使用方法

4 IP(ゲルマニュームダイオード)

5奇経八総穴の部位と取穴

 

1.はじめに

 古来鍼術の道は補寫にはじまり補寫に終わるといわれ大家先輩達は補寫をいかに有効に施術するかに苦心され、いろいろな特技が生まれ、流派が出来ました。これらは高等技術に属するもので初心者には程遠いものであります。

 

鍼術の基本は経絡流注の循環にあります。この経絡の大循環を促す療法を太極療法と言います。すなわち経絡流注の概念を応用し、気血を動かし経絡のバランス調整を行う事が目的です。

 

NAS式太極正経奇経調整法は、経絡のエネルギーの状態を数値化しその値をPCソフトで解析することにより太極正経奇経調整法の指針を立てます。

 

NAS式太極正経奇経調整法のメリットは、初心者でも簡単簡潔に名人の技術を得ることができる点です。

 

2. NAS式太極正経奇経調整法

 

NAS式太極正経奇経調整法の基本的は、正経に充満して溢れた気を流す排水路として奇経を使用する事です。

 

気が充満して溢れた気(電気.イオン)を、IP(ゲルマニュームダイオード)を使用して動かすことが可能です。

 

実際の運用の中で奇経八脈の他に陽明経の陥谷-合谷と厥陰経の通里-太衝を用い配穴をPCソフトの解析結果で決めます。運用はIPを使用して行い、経絡循環を促進させます。

 

3. 使用方法について

 

acutesut測定器で、井穴の付近の2点間の測定ポイントを計測します。

その数値をPCソフト(手動で入力)acutest v.12に入力、解析プログラムにより選定されたツボに短鍼を置鍼します。

 

切り返式のIPを取り付け経絡上の気(イオンの流れ)を実経から他経に流し電気イオンの調整をします。この時に健側の同系ツボにも置鍼をして左右圧(間中博士が提唱)を掛ける事で経絡調整を加速させることができます。

 

足の井穴 測定ポイント と治療ポイント(アルミテープを貼付)

脾経 隠白     肝経 大敦     胃経 厲兌

 

胆経 竅陰     腎経 無名穴    膀胱経 至陰

 

手の井穴測定ポイントと治療ポイント(アルミテープを貼付)

 

肺経 少商    大腸経 商陽  心包経 中衝         

 

三焦経 関衝   心経 少衝   小腸経 少沢

 

 

4        IP(ゲルマニュームダイオード)

 

今回は間中博士の発明のIPを使用します。12経絡を流れる気を、イオンの流れと仮定し、その超微弱電流na(ナノアンペアー)を実経絡から関係の深い経絡にIPを使い、行き場のない電気的なエネルギーを他方に流すことでバランスの調整を行う、とてもシンプルな方法です。

 

例えるならば、水路の水が何らかの原因で溢れだしている状態を実とします。その水をポンプを使い他の水路に流して改善させる。

 

たとえば測定器のプローブを各井穴を測定し、そのなかで右の腎経(陰驕脈)の井穴が最も電流(800na)が良く流れる場合、右陰驕脈をメイン実経とし経絡上に充満する電気エネルギーを、右の照海から右の列欠(任脈)に流れるようにIPを結線します。

 

対側は左列欠から照海に電気エネルギーが流れる様に結び、上下左右差で経絡に揺さぶりをかけ流れを促し調整を行います。この時に調整される経絡は、腎心包三焦胆肝経なります。

 

また反対側の経絡は、肺大腸胃脾心小腸膀胱腎になります。この方法は間中博士が推奨されておりました。

 

5.IP(ゲルマニュームダイオード)の特性と方向

 

IP(切り替えスイッチ付き)の方向は原則として、実の経絡の主穴から従穴にスイッチを倒します。(主から従に電流が流れます)

今回使用するNAS式IP(切り替えスイッチ付き)はゲルマニュームダイオードを使用していいます。ゲルマニュームの特性は微弱電流(300na程度)ならどちらにも流れる性質(室温により変化)があります。

 

IPの方向性は、重要なファクターになりますが、IP(ゲルマニュームダイオード)は方向性がたとえ逆であっても微量に方向性とは逆にも流れるので、あまり神経質にならなくても時間をかければ調整が期待できますが、正しい方向なら短時間でシャープな調整が期待でき、左右対象の施術には、シーソー現象により経絡に強く作用させる事が可能となります。

 

IPを使用しない場合は、実の経絡に銀鍼を使用し虚の経絡に金鍼を使用してもイオン差による経絡調整が期待できます。

 

(余談ですが、以前入江FT塾の入江先生が、IPが効くとほとんどの患者は5分もしないうちに眠ってしまうと、、、目をパッチリ開けている時は、調整不足と言われました。その場合は再度ツボの取穴を行い、正確なツボを取穴したりIPの方向性を逆に切変えます。)

 

 

奇経十二穴の部位と取穴

 

・腕骨   ・申脈 

・腕骨(督脈・小腸経・原穴)

 【部位】 第5中手骨基底と有鈎骨の間の陥中、赤白肉の間にある。

 【取穴の順序】

1) 第5中手骨の尺側を後にずらしていくと、基底部で突起状になっている所を確認する。     

2) そこを越えると窪みがあり、最も窪かなる所を確認する 。

3) そこで赤白肉の間に取る。

・申脈(陽矯脈・膀胱経)

 【部位】 外果の後下方1寸にあり。

 【取穴の順序】

1) 外果の後下部より後下方に走っている腱を確認する。足関節を屈伸すると捉えやすい。     

2) その腱の後縁に沿って下にずらしていくと、足根骨にあたる。

3) その腱の後縁と足根骨の交わった所に取る。

 

 

鍼を使用しない場合

手足の井穴 測定ポイントに銅鋲を4箇所貼付け

IPに固定する

 

膀胱経 至陰 小腸経 少沢

 

 

 

・外関   ・臨泣 

 

・外関(陽維脈・三焦経)

 【部位】 陽池穴の上方2寸にあり。この穴は内関穴と表裏を為しており、前腕背面の下橈尺関節上縁に取る。

 【取穴の順序】

(1) 腕関節背面の後方(しりえ)あたりで、中指を屈伸すると動く腱を確認する。          

(2) その腱の尺側縁に沿って上方にずらしていくと、硬く高まった所に取る。 

注       ここは内関穴ほどではないが、前腕の回内によりずれやすいので、腕関節掌面を寝台上に置くようにする。

 

・臨泣(帯脈・胆経)

 【部位】 俠谿穴の後2寸、第4中足骨外縁、足根骨の少し前にある。この穴は八総穴の中で最も圧痛のでやすい所なので、強く押さないように注意する。

 【取穴の順序】

(1) 第5中足指節関節の後内側より内側の方向に走っている腱を確認する。     

(2) その腱の外縁に沿って後にずらしていく。

(3) 第4中足骨外縁と交わった所に取る。

 

 

鍼を使用しない場合

手足の井穴 測定ポイントに銅鋲を4箇所貼付け

IPに固定する

 

 

 

胆経 竅陰    三焦経 関衝  


 

 

 

・内関   ・公孫 

 

・内関(陰維脈・心包経)

 【部位】 大陵穴の上方2寸にあり。この穴は外関穴と表裏を為しており、前腕掌面の中央あたりで、下橈尺関節上縁の反応を目当てに 取る。

 【取穴の順序】

(1) 腕関節掌面で中指を屈伸すると動く腱を確認する。          

(2) その腱の尺側縁に沿って2寸ほど上方にずらしていくと反応点がある。     

注        この穴は前腕の回内によりずれやすいので、腕関節背面は必ず寝台上に置く必要がある。

 

・公孫(衝脈・脾経)

 【部位】 第1指膨隆部の後方(しりえ)より1寸後で、赤白肉の間にある。

 【取穴の順序】

(1) 第1指膨隆部の後方(しりえ)で、拇指外転筋を確認する。   

(2) その筋の中央の高まりに沿って1寸ほど後にずらしてい く。

(3) ここは下り坂になっているので、それを感じ取りながら下りきった所に留める。

(4) ここより少し戻した所に反応点がある。

 

 

鍼を使用しない場合

手足の井穴 測定ポイントに銅鋲を4箇所貼付け

IPに固定する

 

 

脾経 隠白   心包経 中衝 

 

 

 

・列欠  ・照海 

・列欠(任脈・肺経)

 【部位】 経渠穴の上6分、橈骨動脈上にあり。

 【取穴の順序】

(1) 橈骨動脈上で経渠穴付近に指を当てる。     

(2) 動脈に従って後にずらしていくと最も窪かなる所に当たる。

(3) そこで動脈の外縁を確認する。 

(4) それより心持内側に取る。

 

・照海(陰驕脈・腎経)

 この穴は申脈穴と表裏の位置にある。

 【部位】 内果の後下方1寸にあり。

 【取穴の順序】

(1) 内果の後下部より後下方に走っている腱を確認する。足関節を伸展すると捉えやすい。     

(2) その腱の後縁に沿って下にずらしていく。

(3) 少し窪かなる所に取る。この穴は臨泣穴に次いで圧痛を示すことが多いので、強く押さないように注意する。

 

 

鍼を使用しない場合

手足の井穴 測定ポイントに銅鋲を4箇所貼付け

IPに固定する

 

 

腎経 無名穴  肺経 少商   

 

 

 

・合谷   ・陥谷 

 

・合谷(大腸経・原穴)

 【部位】 第2中手骨の拇指側、拇指内転筋の下際にあり。

 【取穴の順序】

(1) 第2中手骨の拇指側の中央あたりより後ろにずらしていく。   

(2) 少し窪かなる所に取る。なおこれより後はすこし上り坂になっているので、その手前を意識する。

 

・陥谷(胃経・兪木・剋穴)

 【部位】 第2中足骨の外縁、足根骨の少し前にあり。

 【取穴の順序】

(1) 第2、第3中足骨の間で、第3中足骨より第2中足骨に向って走っている腱を確認する。足指を屈伸すると捉えやすい。 

(2) その腱の外縁に沿って後にずらしていく。

(3) 第2中足骨の外縁に最も寄った所に取る。外縁より少し外則になる。

 

 

鍼を使用しない場合

手足の井穴 測定ポイントに銅鋲を4箇所貼付け

IPに固定する

 

 

胃経 厲兌 大腸経 商陽  

 

 

 

・通里又は間中氏無名つぼ 神門より5指  ・太衝      

 

・通里(心経)

【部位】手関節掌側横紋の尺側、豆状骨の上際で尺側手根屈筋腱の橈側にある。

【取穴の順序】

(1)手関節掌側横紋の尺側、豆状骨の上際で尺側手根屈筋腱の橈側に神門を取穴する

(2)尺側手根屈筋腱の橈側にそって神門から指2本分上部に取穴します。 

 

・間中無名つぼ(心経)

【部位】手関節掌側横紋の尺側、豆状骨の上際で尺側手根屈筋腱の橈側にある。

【取穴の順序】

(1)手関節掌側横紋の尺側、豆状骨の上際で尺側手根屈筋腱の橈側に神門を取穴する

(2)尺側手根屈筋腱の橈側にそって指5本分上部に取穴します。

また尺側手根屈筋腱の橈側にそって脇に向かって上がって行くと指の

止まる所に取穴する。

 

・太衝(肝経・原穴・兪土穴)

 【部位】 第1指基節の後方(しりえ)より後1寸、背面の腱の外縁にあり。

 【取穴の順序】

(1) 第1指背面で基節の後方(しりえ)あたりで腱を確認する。   

(2) その腱の外縁を確認する。第1指を屈伸すると捉えやすい。

(3) その腱に沿って後ろにずらしていくと下り坂になっており、最も低くなった所より心持後で腱の外縁に取る。

 

 

鍼を使用しない場合

手足の井穴 測定ポイントに銅鋲を4箇所貼付け

IPに固定する

 

 

肝経 大敦  心経 少衝

 

経絡  経絡測定 脈診 鍼灸 はり きゅう 

奇経 正経 星状結節神経ブロック  虚実 陰陽 補寫 金鍼 銀鍼

イオンパンピング 間中 入江FT 

 

期間限定2月28日まで無料モニターを募集します

なぜ今、経絡治療鍼灸マッサージが求められるのか なぜ経絡治療現場での生き残りに経絡治療が必須なのか。 これを見れば明らかになります。 経絡治療マッサージ 開業 経絡治療とは 経絡治療鍼灸療養費 経絡治療マッサージサポート協会 経絡治療 経絡治療療養費 経絡治療サポート介護支援専門員 経絡治療鍼灸学会 経絡治療マッサージ連携拠点事業 経絡治療鍼灸廃棄物 はりま王経絡治療鍼灸マッサージ経絡治療ソフト経絡治療鍼灸研究所 経絡治療コンサルティング 経絡治療鍼灸支援所 経絡治療鍼灸連携 経絡治療鍼灸治療所登録数 経絡治療マッサージに係る衛生材料等の取扱いについて 経絡治療鍼灸師の役割 経絡治療保険の経絡治療鍼灸往診 経絡治療マッサージ連携拠点事業 経絡治療 鍼灸師管理マニュアル 経絡治療マッサージ 本経絡治療鍼灸学会 経絡治療鍼灸件数 厚生労働省 経絡治療鍼灸レセプトソフトにおける患者紹介等について経絡治療 経絡治療費控除 経絡治療鍼灸レセプト管理マニュアル 平成24年度診療報酬改定 経絡治療鍼灸マッサージ保険申請ソフトシステム口コミ 経絡治療鍼灸マッサージ保険申請ソフトシステム評価 経絡治療鍼灸マッサージ保険申請ソフトシステム 相談 経絡治療鍼灸マッサージ保険申請ソフトシステム レビュー